タイトル写真
fc2ブログ
✨ Starry Galaxy Highland in Bloom 💫 takes off Melody
ようこそ✨ 花咲く🌸 星降る⭐ 銀河高原🔭

Two-Way System天体撮影(構築編)

2021-08-28 Sat 15:32

久しぶりのブログ更新です。今年は緊急事態宣言、まん延防止等重点措置、その他個人的な諸事情により、一度も星降る銀河高原遠征に行っていません。東京都に在住していると都県境を越境できないので、天体写真撮影遠征はかなり不利になります。この調子だと初遠征は早くて10月か11月以降になりそうで2021年が終わってしまいそうです。と言っても、その間何もしていなかったわけではなく、諸事情により天文活動を縮小することから、新しい光学系システムを導入することで撮影の効率化を図るための準備を行っていました。Two-Way System天体撮影(準備編)に具体的に記載しています。ZWO ASI2600MC/MM Pro & ε-130D2台が揃いましたので、とりあえず改造赤道儀EM200 DHD Titanに載せてみました。重量は、冷却CMOSカメラ・望遠鏡・ツイン鏡筒用プレート等、全てで約12kgです。売却したFSQ130EDは単体で12.7kgなので比較すると軽量化していますが、それでもかなり重たい感じがしました。今後は、自宅でテスト撮影を行って、今冬の遠征に万全を期すつもりです。はじめは、ZWO純正のASI Studioから撮影を行い、慣れてきたら途中まで準備しているN.I.N.A.で撮影したいと思っています。いずれにしても、冷却CMOSカメラ撮影は初心者なので不安が募りますが、もっと心配なのが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)です。もしかしたら、今年は一度も遠征に行けないという最悪の事態になるかもしれません。ほとんどの方々が遠征に行きたくても我慢をしていると思いますが、これ以上感染者を増やさないためにも緊急事態宣言下では都県境を越える遠征は控えていただきたいものです。天体写真撮影遠征は確かに密にはなりませんが、高速SAのトイレは使用しますし、撮影中または終了後に仮眠を取ったからと言っても眠たい目をこすりながらの運転で交通事故を起こしたり、巻き込まれる可能性が多く医療機関に多大なる負担を強いることになります。我々天文ファンの常識が問われることになりますね。

Two-Way System (B)
Two-Way System-B-
Two-Way System (F)
Two-Way System-F-
Two-Way System (R)
Two-Way System-R-
Two-Way System (L)
Two-Way System-L-

本来ならば、冷却CMOSを赤道儀側の下方に設置した方が、バランスウエイトの軽量化に繋がると同時に防風対策にもなるのですが、短筒ゆえの宿命から、かなりフロントヘビーになります。さらにスタックした際に、反射望遠鏡特有の光条を合致させるためにも、やむを得ず冷却CMOSを上部に設置した次第です。


別窓 | グッドパートナー無敵の天文機材🔭 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Two-Way System天体撮影(準備編)

2021-04-11 Sun 16:53

いよいよ新年度が始まりましたが、諸事情により天文活動を縮小することから、2021年度下半期から、以下の新しい光学系システムを導入することで撮影の効率化を図ることといたします。具体的には、APS-Cサイズの冷却CMOSカメラZWO ASI2600MC Pro(RGB)及びASI2600MM Pro(L,Hα,SⅡ,OⅢ)をε-130D*2にセットアップした二刀流(Two-Way System)で、ASI2600MC Proで撮影したカラー情報(RGB)にASI2600MM Proで撮影した輝度情報(L)及びナローバンド情報(Hα,SⅡ,OⅢ)をブレンドします。また、一刀流(Single-Way System)でZWO Filter DrawerをASI2600MC Proに取付けてナローバンド撮影も行います。フィルターは、Astrodon Gen2 E-Series Tru-Balance Filter(L)とAstrodon Narrowband Filters (Hα,SⅡ,OⅢ)5nmです。現在、撮影ソフトを何にするか調整中です。8月新月期に新ロケ地の甲斐駒高原碧の杜で、取り敢えずASI2600MC Proのテスト撮影を行いたいと思っていましたが、8/31まで一都三県の緊急事態宣言の発出で今年初めての遠征を9/4に延期しました(>_<)

新天体撮影... Preparing Two-Way System💫
ASI 2600MC/MM Pro
Two-Way System+

<Image Details>
Optics🔭...Takahashi ε-130D(D130㎜, F430㎜, f3.3)*2 (Two-Way System)
Camera📷... ZWO ASI2600MC/MM Pro
Focuser...ZWO EAF
Filter... Astrodon Gen2 E-Series Tru-Balance Filter(L), Astrodon Narrowband Filters(Hα,SⅡ,OⅢ)5nm, STC Astro-Duo Narrowband Filter(Hα,OⅢ), IDAS HEUIBⅡ Filter(Hα)
Filter Wheel... ZWO EFW (5×2″)
Exposure...
●sec*●(RGB)
●sec*●(RGB, Hα)
●sec*●(RGB, Hα, OⅢ)
●sec*●(L)
●sec*●(Hα)
●sec*●(SⅡ)
●sec*●(OⅢ)
total:●h●m, @ISO●●●●, -●●℃
Mount...Takahashi EM200 DHD Titan
Guiding...TOUPTEK, KOWA LM100JC, PHD2 2.6.9 dev3
Capture Software...StellaShot2(ASI), ASIStudio(EFW,EAF), N.I.N.A.(準備中)
Image Processing...PixInsight, PhotoshopCC, StellaImage9, Flataide Pro(Star Net++), Topaz Adjusut AI, Topaz DeNoise AI
PC...Thermaltake Versa H26 Win10 Core™ i7-11700 NVIDIA®GeForce®RTX3060 RAM:32GB C:500GB M.2 SSD D:HDD4TB(Processing), HP Pavilion15-cs3025TU, HP Pavilion15-cs3141TX(Photographing)
Monitor...EIZO ColorEdge CS2410
Electric Power... HARRIER Hybrid Z WPCS
Temperature(MIN) / Elevation...●℃ / ●●●m
Team...Astro Adventurers
Location...Starry Galaxy Highland in Bloom

TR74-M54F ⊕ M48-M42アダプター ⊕ ZWOキャップ(不使用の場合の保護キャップ)
2600MC ProにはFilter Drawerに直接取付(両方とも少々緩んだ状態)
TR74-M54F・M48-M42アダプター・ZWOキャップ
ノイズ低減ソフトTopaz DeNoise AIによるビフォーアフター
M51---Topaz DeNoise
天体写真撮影用統合ソフトN.I.N.A.(M45)
Stellarium起動→M45検索→N.I.N.A.フレーミング→座標→プラネタリウムソフトから座標を取得する。スカイアトラスから対象を検索してからも可能
NINA(M45)+
Stellarium to N.I.N.A. Plug-ins
オプション→機材→プラネタリウム→好きなプラネタリウム→Cartes du Ceilとなっていますが、正しくはCartes du Cielです。ここでは同じくフリーソフトのStellariumを選択
Stellarium to NINA Plug-ins
Canon Print Studio Pro to PsCC Plug-ins
最新版のPrint Studio Proをダウンロードしてインストールを行う。スタートメニュー→Canon Utilities→Print Studio Proプラグインインストール  プラグインインストーラー→参照...C:¥Program Files¥Adobe¥Adobe Photoshop CC¥Plug-ins  対応アプリケーション●Adobe Photoshop (64bit)
PsCC & Canon Print Studio Pro Plug-ins
ASI Studio_2600MM
ZWO純正のASI Studio v1.5で撮影確認
ASI Studio_SCREEN_2600MM
ASI Studio_2600MC
ASI Studio_SCREEN_2600MC

HARRIER_F  HARRIER_B+  HARRIER_T

別窓 | グッドパートナー無敵の天文機材🔭 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

春の銀河祭り

2021-02-20 Sat 12:55

緊急事態宣言下で天体写真撮影遠征に行けないので、春の銀河祭りとして過去の作品の再画像処理を行い Star Map にしてみました。今回の処理フローは、PixInsightのWBPPで前処理を行いABE・PCCなどのプロセスを経て、Photoshopへ移行して銀河核(コア)マスク及び銀河腕(アーム)マスクの2種類を使用して立体感を出してみました。今まで国民の義務として遠征を自粛していましたが、今後は緊急事態宣言が3/7で終了して、3/13の新月期に新ロケ地である『子持の畔(こもちのほとり)』へ大手を振って遠征に行きたいものです 😊

🌸 Galaxy  Festival  in  spring 🌸
 りょうけん座 子持ち銀河(M51)
M51_Annotation+
2020/2/24 FSQ130ED NikonD810A 480sec*24(total 3h12m) ISO3200 @天空の丘
おおぐま座 回転花火銀河(M101)
M101_Annotation++
2017/3/3 ε-130D NikonD810A 480sec*36(total 4h48m) ISO3200 @天空回廊

別窓 | はじまる気がするあたらしい天体写真が📷 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | 花咲く🌸星降る⭐銀河高原🔭 | NEXT

花咲く星降る銀河高原footer_banner