タイトル写真
FC2ブログ
✨ Starry Galaxy Highland in Bloom 💫 takes off Melody
ようこそ✨ 花咲く🌸 星降る⭐ 銀河高原🔭

バラ星雲(NGC2237-9, 2246)

2021-03-20 Sat 19:25

今朝起きたら数十年ぶりに鶯が鳴いていました。まさに春暁の一部である『処 処 聞 啼 鳥』(iPhoneXR録音)ですが、鶯は鳴いているのでなく泣いているように感じました。さて、今年になって緊急事態宣言の発出により天体写真撮影遠征に行けないことから、過去に撮影したバラ星雲を再画像処理してみました。現在のバラ星雲の南中時刻は18:23で、冬の天の川銀河の中で大輪の薔薇のように美しく輝きながらオリオンとともに西の空に沈みます。今回のバラ星雲の画像処理上の注意点です。①微光星が多いので、それらを飽和させずにバラ星雲をどれだけ強調するか。②中心部の空洞の立体感を如何に描写するか。③星雲だけでなく、如何に微光星の色を美しく発色させるか。④カブリをどれだけ自然に補正するか。⑤ヒストグラムを見ながら、カラーバランスを如何に補正するか。上記に注意しながらレタッチを試みたつもりですが、なかなかうまくいかないのが現実です。緊急事態宣言は3/21で解除されそうですが、お天気が不安定になりがちな季節の到来で遠征のチャンスは少なくなりますね。The Rose Nebula floating at the banks of the Milky Way in winter is very beautiful😊

バラ星雲(NGC2237-9, 2246)
バラ星雲(NGC2237-9, 2246)++
<Exposure Data>
Target...The Rose Nebula
Date...23:22~ Satday, December 16, 2017
Optics...Takahashi ε-130D(D130 f430㎜ F3.3)
Camera...NikonD810A
Focuser...K-ASTEC NanoFocus
Filter...IDAS HEUIBⅡ
Exposure...180sec*65 (total 3h15m) @ISO1600
Calibration...20bias, 20darks, 20flats
Mount...Takahashi EM-200Temma2Z
Guiding...TOUPTEK , KOWA LM100JC , PHD2
Capture Software...StellaShot
Image Processing...PixInsight , PhotoshopCC , Flataide Pro(Star Net++)
PC...Thermaltake VERSA H25(for processing)
Monitor...EIZO ColorEdge CS2410
Team...Astro Adventurers
Location...朝霧高原

別窓 | はじまる気がするあたらしい天体写真が📷 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

春の銀河祭り

2021-02-20 Sat 12:55

緊急事態宣言下で天体写真撮影遠征に行けないので、春の銀河祭りとして過去の作品の再画像処理を行い Star Map にしてみました。今回の処理フローは、PixInsightのWBPPで前処理を行いABE・PCCなどのプロセスを経て、Photoshopへ移行して銀河核(コア)マスク及び銀河腕(アーム)マスクの2種類を使用して立体感を出してみました。今まで国民の義務として遠征を自粛していましたが、今後は緊急事態宣言が3/7で終了して、3/13の新月期に新ロケ地である『子持の畔(こもちのほとり)』へ大手を振って遠征に行きたいものです 😊

🌸 Galaxy  Festival  in  spring 🌸
 りょうけん座 子持ち銀河(M51)
M51_Annotation+
2020/2/24 FSQ130ED NikonD810A 480sec*24(total 3h12m) ISO3200 @天空の丘
◆ おおぐま座 ペア銀河(M81/M82) 
M81_Annotation+++++
2020/2/1 FSQ130ED NikonD810A 300sec*48(total 4h00m) ISO3200 @天空の丘
おおぐま座 回転花火銀河(M101)
M101_Annotation++
2017/3/3 ε-130D NikonD810A 480sec*36(total 4h48m) ISO3200 @天空回廊

別窓 | はじまる気がするあたらしい天体写真が📷 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Star Map (天体の星図化)

2020-09-24 Thu 19:45

すでに、PixInsightを使用している方々が試されていますが、遅ればせながら ε-130D(f430㎜)と広角(f20㎜)で撮影した天体写真を以下のフローで星図化してみました。▶︎ ImageSolverのImage Parametersで、天体写真の中心座標・撮影日・光学系の焦点距離・カメラのピクセルサイズを指定します。天体座標を調べる場合は、Searchを使用してObject identifierに中心の天体名を入力すると、自動で天体を探して座標を指定してくれます。▶︎ AnnotateImageで、グリッド線・境界線・星座線・星座名・固有名・メシエ天体・NGC天体・PGC天体など表示したい項目にチェックを入れます。Graphics scaleを大きくするとラインを太く表示してくれます。ところが、広角で撮影した場合は、上記のフローでは上手くいきません。この場合は、ImageSolverでなくManualImageSolverを使用します。▶︎ CatalogStarGeneratorに必要なパラメータを入力するとCatalogStarsが出力されます。STFでオートストレッチして、天体写真とストレッチ画像を開いておきます。▶︎ DynamicAlignment(DA)で位置合わせをします。ほとんどはズレてしまうのでドラッグして正しい位置に修正します。できれば5箇所以上指定した後にインスタンス(DA)を作成しておきます。また、Maximum magnitudeをデフォルト→12.5にしたら、かなり暗い星までしっかり写って位置合わせが大変楽になりました。▶︎ ManualImageSolverのControl points iconにインスタンス(DA)を、Reference imageにCatalogStarsを指定して、必要なパラメータを入力します。広角の場合はDistortion(歪み) correctionにチェックを入れます。▶︎ AnnotateImageを天体写真に対して行えばStar Mapのできあがりです。😊

天の川銀河と夏の大三角 (2017.6.3)

天の川銀河と夏の大三角star_map

回転花火銀河 (2017.3.3)

回転花火銀河 M101 star_map


別窓 | はじまる気がするあたらしい天体写真が📷 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

夏の大三角とバンビ

2020-09-20 Sun 06:33

天の川銀河の中心はいて座の方向にあり、その距離は太陽系から約28000光年と推定されています。天の川銀河の中心には星間物質が集中していて、いて座Aと呼ばれる電波で非常に明るい天体が最も代表的なものです。いて座Aは太陽の数百万倍もの質量を持つ巨大なブラックホールであることが明らかにされました。また、現在の天の川銀河の中心核は他の銀河に比べて暗くて多くの超新星残骸があり、数百年前の中心核は今よりも明るかったと指摘されています。つまり、近い過去に活発な星形成が起こり今よりも明るく輝いていた時期があったのだろうと考えられています。😊

天の川銀河に戯れるバンビ

天の川銀河に戯れるバンビ

<Exposure Data>
Date...01:02~Sat, June 3, 2017
Optics🔭...Nikon AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
Camera📷...Nikon D810A
Filter...Kenko PRO1D PRO SOFTON-A(W)
Focal Length(Ratio)...20㎜(f/2.8)
Exposure...40sec*50subs total;00:33:20 @ISO1600
Calibration...30bias, 15darks, 15flats
Mount...Takahashi EM11Temma2M
Guiding...TOUP-100GSS  PHD2Guiding
Capture Software...StellaShot
Image Processing...PixInsight, PhotoshopCC
Team...Astro Adventurers
Location...朝霧高原

天の川銀河と夏の大三角

天の川銀河と夏の大三角

<Exposure Data>
Date...00:13~Sat, June 3, 2017
Optics🔭...Nikon AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
Camera📷...Nikon D810A
Filter...Kenko PRO1D PRO SOFTON-A(W)
Focal Length(Ratio)...20㎜(f/2.8)
Exposure...40sec*50subs total;00:33:20 @ISO1600
Calibration...30bias, 15darks, 15flats
Mount...Takahashi EM11Temma2M
Guiding...TOUP-100GSS  PHD2Guiding
Capture Software...StellaShot
Image Processing...PixInsight, PhotoshopCC
Team...Astro Adventurers
Location...朝霧高原

別窓 | はじまる気がするあたらしい天体写真が📷 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

回転花火銀河(M101)

2020-04-19 Sun 15:05

先週から在宅勤務が続いていますが、新型コロナウィルスの影響でこんな日が来るとは思わずにいました。
1人あたり10万円の支給が決定されたようですが、喜んでばかりいられません。東日本大震災の復興税のように25年にわたって税額の2%前後が上乗せ増税されて若い世代にツケがまわるのです。100年前の世界恐慌とスペイン風邪の再来とも言える事態が、まさか私の生きている間に起こるとは思いもしませんでした。今まさに、歴史の教科書に掲載されるほどの時代を生きているんだと実感するばかりです。
いつの日か一陽来復を信じて世の中が良い方向に回転するよう、再画像処理した回転花火銀河をアップします もっとも私の作品では、手強いコロナウィルスに迚も勝てそうにありません


 回転花火銀河(M101) AstroBin

おおぐま座にある渦巻銀河で、その姿から回転花火銀河と呼ばれています!

M101 回転花火銀河(Pinwheel Galaxy)

<Exposure Data>
Date...23:44~ Friday, March 3, 2017
Optics🔭...Takahashi ε-130D & NikonTC17EⅡ
Camera📷...NikonD810A
Filter...IDAS HEUIBⅡ
Focal Length(Raito)...731㎜(f/5.6)
Exposure...480s×36  total 4h48m  ISO3200
Calibration...20biases, 20darks, 20flats
Mount...Takahashi EM200Temma2Z
Guiding...PHD2Guiding by TOUP-100GSS(TOUPTEK GCMOS 01200KMA, KOWA LM100JC)
Capture Software...StellaShot
Image Processing...StellaImage8 , PhotoshopCC
PC...Thermaltake VERSA H25
Monitor🖥...EIZO ColorEdge CS2410
Temperature(MIN) / Elevation...1℃ / 715m
Team...Astro Adventurers
Location...天空回廊スカイブリッジ


別窓 | はじまる気がするあたらしい天体写真が📷 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 花咲く🌸星降る⭐銀河高原🔭 | NEXT

花咲く星降る銀河高原footer_banner