タイトル写真
FC2ブログ
✨ Starry Galaxy Highland in Bloom 💫 takes off Melody
ようこそ✨ 花咲く🌸 星降る⭐ 銀河高原🔭

星降る銀河高原遠征(12/19-20)~葡萄の丘

2020-12-25 Fri 19:31

リハビリ遠征第15弾は、山梨県 葡萄の丘(勝沼ぶどう郷ぶどうの丘に非ず)に遠征してきました。当初、朝霧アリーナへ遠征する予定でしたが、今年最後の新月期ということもあり大変混雑する状況が予想されることやコロナの感染リスク軽減のため、自宅から片道94kmの葡萄の丘に急きょ変更しました。葡萄の丘は、昨年3月にFSQの試写で遠征して以来2度目で、南天光害指数が8.5の朝霧アリーナに比べて少し明るい10.7ですが、片道100km以下でアスファルト駐車場にトイレ付きの安近短のまずまずのロケ地です。 途中、笹子トンネル内の事故に遭遇したときは驚きましたが、到着後は管理人さんに許可をいただき18時過ぎにはセッティングを完了しました。お天気は一晩中快晴の満天の星空でしたが、気温が氷点下10.9℃という今までの遠征で新記録の寒さとなりました。ただ、無風状態だったので体感温度としてはあまり寒さを感じませんでした。撮影対象は月が沈む21時過ぎからなので、それまではテスト撮影でヒアデス星団を15コマ撮影後、EM-200 DHDハーモニックドライブとPHD2 2.6.9 dev2の正常動作を確認しました。その後、本番撮影というときにD810Aとパソコンを繋ぐケーブルの不具合で撮影不可能な状況に陥りました。リモートコードMC-36Aは持ってきてないのでタイマー撮影もできず、釣果は分子雲のないヒアデス星団だけとなってしまいました。今回の教訓は、まさに『備えあれば憂いなし』、予備のケーブルは持って行くべきですね。『敗軍の将は兵を語らず』ということで、今回のコメント欄は非表示にいたします。今年は大変お世話になりました。来年もマイナーなマイブログをヨロシクお願いします😊

おうし座 ヒアデス星団
イタズラRetouch3  Hyades in Taurus
ヒアデス星団(Mel 25)

<Exposure Data>
Date...20:16~Sat, December 19, 2020
Optics...Takahashi ε-130D
Camera...Nikon D810A
Focuser...K-ASTEC NanoFocus
Filter...IDAS HEUIBⅡ
Focal Length(Ratio)...430㎜(f/3.3)
Exposure...120sec*15subs total;00:30:00 @ISO1600
Calibration...30bias, 30darks, 30flats
Mount...Takahashi EM-200DHD Titan Spec
Guiding...TOUP-100GSS  PHD2 2.6.9 dev2
Capture Software...StellaShot
Image Processing...PixInsight, PhotoshopCC, Nik Collection
PC...Thermaltake VERSA H25
Monitor🖥...EIZO ColorEdge CS2410
Temperature(MIN)...-10.9℃
Elevation...630m
Overall light pollution index...13.4
Team...Astro Adventurers
Location...山梨県 葡萄の丘

PHD2 2.6.9 dev2
PHD2

別窓 | 遠征はつづくよどこまでも🚘 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

星降る銀河高原遠征(11/14-15)〜天空の丘

2020-11-19 Thu 20:40

リハビリ遠征第14弾は、群馬県 天空の丘に遠征してきました。今回は、DHDハーモニックドライブに改造したEM-200Bにε-130Dを載せてのテスト撮影です。前回の長野県川上村御所平遠征では、トラブルが発生して上手くいきませんでしたが、今回はハーモニックドライブの完全動作を確認できました。ハーモニックドライブの特長は、①高い速比②小さいバックラッシュ③高精度④少ない部品数で組込みが簡単⑤小型・軽量⑥大きなトルク容量⑦優れた効率⑧静かな運転です。詳細については、K-ASTECさんのサイトをご参照ください。また、小型・軽量化したことで搭載重量が約9kg増したことにより、FSQを載せても2個のウエイトで済みそうです。できれば、もう1台ε-130Dを並列同架させて2台体制で、冷却CMOS(モノクロ・カラー)によるカラーアシストをしてみたいところです。しかし、体調の関係で多回数遠征ができないので、来年の撮影システムをどうするか目下迷走中です。具体的には、今流行のリモート観測所を設置するか、または自宅に空飛ぶ天望室を設置してナローバンド撮影に徹するか、或いは多額の費用をかけてリモート観測所を設置するより、快晴のロケ地に行くことが天体写真撮影には最も大切であることから、その財源でいろいろな宿泊施設に連泊してカラダに優しい遠征を行うか、選択肢は自己責任で十人十色です。いずれにしても来月12月の新月期も今回のように満天の星空の下で天体写真撮影したいものですね。久しぶりの満天の星空⭐️ の下、天体写真撮影ができて大変満足のいく遠征となりました😊

冬の王者 オリオン座三つ星付近
オリオンベルト&馬頭星雲

<Exposure Data>
Date...Sun, November 15, 2020
Optics🔭...Takahashi ε-130D
Camera📷...Nikon D810A
Filter...STC Astro-Duo Narrowband Filter(48㎜)
Focuser...K-ASTEC NanoFocus
Focal Length(Ratio)...430㎜(F3.3)
Exposure... Mosaic Composites(2 pieces)
①North Area...02:52〜270sec*20subs
②South Area...01:06〜270sec*20subs
total;03:00:00 @ISO3200
Calibration...20bias, 20darks, 20flats
Mount...Takahashi EM-200 DHD〜Titan Specifications
Guiding...TOUP-100GSS, PHD2Guiding
Capture Software...StellaShot
Image Processing...PixInsight, PhotoshopCC, FlatAide Pro(Star Net++)
PC...Thermaltake VERSA H25
Monitor🖥...EIZO ColorEdge CS2410
Temperature(MIN) / Elevation...3.8℃ / 535m
Overall light pollution index...9.4
Team...Astro Adventurers
Location...天空の丘

オリオン大星雲付近の分子雲
イタズラRetouch2M42 in ORION
オリオン大星雲(M42)付近の分子雲

<Exposure Data>
Date...23:11〜Sat, November 14, 2020
Optics🔭...Takahashi ε-130D
Camera📷...Nikon D810A
Filter...STC Astro-Duo Narrowband Filter(48㎜)
Focuser...K-ASTEC NanoFocus
Focal Length(Ratio)...430㎜(F3.3)
Exposure...①270sec*20subs
②10sec*20subs (for Trapezium)
total;01:33:20 @ISO3200
Calibration...20bias, 20darks, 20flats
Mount...Takahashi EM-200 DHD〜Titan Specifications
Guiding...TOUP-100GSS, PHD2Guiding
Capture Software...StellaShot
Image Processing...PixInsight, PhotoshopCC, FlatAide Pro(Star Net++)
PC...Thermaltake VERSA H25
Monitor🖥...EIZO ColorEdge CS2410
Temperature(MIN) / Elevation...3.8℃ / 535m
Overall light pollution index...9.4
Team...Astro Adventurers
Location...天空の丘
Updated Treasures 🎁


別窓 | 遠征はつづくよどこまでも🚘 | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

星降る銀河高原遠征(10/24-26)〜御所平

2020-10-31 Sat 15:19

リハビリ遠征第13弾は、Go To トラベルを利用して、みずがき山〜八ヶ岳の紅葉スポットを周遊しながら、長野県川上村御所平へ天体写真撮影のため連泊遠征してきました。天体写真撮影は、2日間とも宿泊施設の誰もいない広大な駐車場(標高1400m)で単独撮影です。1日目は0時ごろまで雲が多く、 月明かりがあることからε-130Dを新赤道儀に載せて、その性能を確認するためのテスト撮影でしたが、トラブルが発生して撮影を断念しました。2日目はEM-11赤道儀によるカメラレンズ撮影に切り替えましたが、0時過ぎに月が沈むと同時に雲ってきて、真面な撮影ができませんでした。今回はトラブルが非常に多く、自らの不甲斐なさを痛感した次第です。それに比べて、紅葉めぐりは大変満足のいくものとなりました。特に、みずがき山の美しさは暫し至福の一時に浸ることができました。しかし、キャンパーが大変多く平日でないと天体写真撮影はできないでしょう。また、サンメドウズの清里テラスからの眺望は絶景で、1900mの天空での爽快感を堪能できました。さらには、清泉寮から遠く望む富士山はとても素晴らしい光景でしたし、野辺山高原平沢峠獅子岩から見渡す八ヶ岳連峰も雄大な景観で、自然とふれあう記憶に残る遠征となりました。I Left Tokyo to Photograph the Andromeda Galaxy. I retouched the images taken under the moonlight, because it was cloudy after the moon set. 😊

秋の定番~アンドロメダ銀河
秋の定番-アンドロメダ大銀河(M31)

<Exposure Data>
Date...20:35~Sun, October 25, 2020
Optics🔭...Nikon AF-S NIKKOR 70-200㎜ f/2.8E FL ED VR
Camera📷...Nikon D5500(HKIR)
Filter...STC Astro-Duo Narrowband Filter(Clip)
Focal Length(Ratio)...200㎜(F2.8)
Exposure...240sec*35subs total 02:20:00 @ISO3200
Calibration...20bias, 20darks, 20flats
Mount...Takahashi EM-11Temma2M
Guiding...TOUP-100GSS  PHD2Guiding
Capture Software...StellaShot
Image Processing...PixInsight, PhotoshopCC, FlatAide Pro(Star Net++)
PC...Thermaltake VERSA H25
Monitor🖥...EIZO ColorEdge CS2410
Temperature(MIN) / Elevation...-0.2℃ / 1400m
Overall light pollution index...7.9
Team...Astro Adventurers
Location...御所平(長野県川上村)

みずがき山パノラマ
20名とクルマ1台を違和感なくPsで消去
みずがき山パノラマ
八ヶ岳パノラマ
野辺山高原平沢峠獅子岩からのパノラマ
八ケ岳パノラマ
※iPhone XRで撮影

別窓 | 遠征はつづくよどこまでも🚘 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

星降る銀河高原遠征(8/15-16)~天狗の森

2020-08-17 Mon 14:31

リハビリ遠征第12弾として、会社の同僚Mさんと天狗の森💫へ5ヶ月ぶりに遠征してきました。SCWによれば、15-16日は南関東エリアだけが晴れる予報だったので、遠征地を安近短で3密にならない片道86.9kmの天狗の森に決めました。この日は40℃に近いかなりの猛暑でしたが、海抜970mの天狗の森は22℃前後の快適なStarry Nightで、私たちだけの貸切状態で撮影することができました。
久しぶりの遠征ということもあり、撮影中いくつかのトラブルに見舞われましたが、STC Astro-Duo Narrowband Filter(48㎜)のファーストライトとして何とか網状星雲を捉えることができたものの冷却CMOSには敵いません。空のコンディションは北東の空に雲がかかりましたが、天頂付近のはくちょう座は一晩中星降る夜で、寝転がって夏の天の川銀河を十二分に堪能することができました。

安近短の天狗の森はトイレがありアスファルト駐車場ですが、狭いためソーシャルディスタンスを考えるとクルマ2台(西)+2台(東)がリミットでしょう😊

網状星雲(NGC6960/NGC6992-5)

網状星雲(Veil Nebula) The last modified Ⅰ

<Exposure Data>
Date...23:58~Sat, August 15, 2020
Optics🔭...Takahashi ε-130D
Camera📷...Nikon D810A
Filter...STC Astro-Duo Narrowband Filter(48㎜)
Focuser...K-ASTEC NanoFocus
Focal Length(Ratio)...430㎜(F3.3)
Exposure...420sec*20subs total;02:20:00 @ISO3200
Calibration...20bias, 20darks, 20flats
Mount...Takahashi EM-11Temma2M
Guiding...TOUP-100GSS  PHD2Guiding
Capture Software...StellaShot
Image Processing...PixInsight, PhotoshopCC, FlatAide Pro(Star Net++), Nik Collection(Viveza2/Define2/Color Efex Pro4), Topaz Adjust5(Topaz Denoise)
PC...Thermaltake VERSA H25
Monitor🖥...EIZO ColorEdge CS2410
Temperature(MIN) / Elevation...22.0℃ / 970m
Overall light pollution index...16.8
Team...Astro Adventurers
Location...天狗の森

星詠写真 (星景写真 + 短歌・俳句・川柳)

青田風 吹く東雲(しののめ)の 明星に 近づき映(は)える 有明の月

月と金星Ⅲ

別窓 | 遠征はつづくよどこまでも🚘 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

星降る銀河高原 TOUR 2020~富士山の見える丘(3/20-21)

2020-03-24 Tue 16:00

リハビリ遠征第11弾として、会社の同僚Mさんと静岡県✨富士山の見える丘💫へ3年ぶりに遠征してきました
今回の遠征地は、夏の天の川銀河の撮影シーズンということで朝霧アリーナは超混雑すると予想されたので富士山の見える丘にしました。ここは公有地でありますが、管理者の許可を得て貸切で利用させていただきました。到着した16時頃には強風が吹いていましたが、19時頃から風も治まりヘッドライト等のトラブルもありませんでした。欲を言えば、アスファルトでない草原の駐車場と汚いトイレくらいでしょう。
今回のターゲットは、天の川銀河の撮影に注力して いわゆる地対空境界マスクを使いましたが、以前富士山の見える湖畔で撮ったときより天の川銀河が良く写ってくれず周辺像も伸びていて課題が残りました
次回は、もう一つのスポットでチャレンジしてみようと思います


 満天の富士に横たう天の川

満天の富士に横たう天の川

<Exposure Data>
Date...02:34~Sat, March 21, 2020
Optics🔭...AF-S NIKKOR 20㎜ f/1.8G ED
Camera📷...NikonD810A
Filter...PRO SOFTON-A(W)
Focal Length(Ratio)...20㎜(F3.2)
Exposure...60s×35(Guided)  40s×1(Fixed)  total 35m ISO1600
Calibration...30bias, 30darks, 30flats
Mount...Takahashi EM-11Temma2M
Guiding...TOUP-100GSS  PHD2Guiding
Capture Software...StellaShot
Image Processing...StellaImage8 , PhotoshopCC
PC...Thermaltake VERSA H25
Monitor🖥...EIZO ColorEdge CS2410
Temperature(MIN) / Elevation...-5.2℃ / 766m
Overall light pollution index...9.8
Team...Astro Adventurers
Location...富士山の見える丘


 富士山の見える丘

富士山の見える丘

<Photo by iPhone X®︎>


別窓 | 遠征はつづくよどこまでも🚘 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 花咲く🌸星降る⭐銀河高原🔭 | NEXT

花咲く星降る銀河高原footer_banner